スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の三志士像

3sisi.jpg
観光イベント「志国高知 龍馬ふるさと博」の一環として、期間限定で設置されてる高知駅前の三志士像。夜はライトアップされてこんな感じです。

そういえば観光振興課だかの没企画で「三志士のセリフを考えてね!」みたいなムチャ振りコーナーが一瞬あったっけ
Q.将来の夢は?
A.半平太「えー王政復古?」
龍馬「開拓通商?」
みたいな感じのを想定してたんでしょうか?(笑)
慎太郎は「民なくして君や国はない!」とか言ってたので、あえてキャラ立てると農民の地位向上とかになってくるのかな?目標。まあ明治維新は農民を救わなかったよね~というような事も言われていますが。

しかし何気に難易度高い設問だよねコレ。(だって創作で和気藹々と仲良く喋ってることがほとんどないし…龍馬主役の話では他の土佐人大体引き立て役だし…。)
実際当時の人ってどんな雑談してたのかなあ。

前回の北川村講演で聞いた中岡慎太郎館の豊田学芸員のお話では、藩外でバラバラに行動してる人もホームグラウンドは土佐という認識で残った仲間と手紙のやりとりをしてるというようなことを言ってました。
そうなのよねー。土佐勤王党って割と個人主義的な行動を認める所があったと私は思うのよねー。勤王党は先代からの知己や血縁者同士が非常に多くて結束が固い集団なのよ。別に挙藩勤王派と草莽義挙派に分かれたからとか、勝海舟の所に行ったから~とか脱藩したから~という理由で袂を分ったりとか実際はしてないわけですよ。
勤王党員はたとえ兄弟であってもバラバラに行動してるのが面白い。また土佐藩の事情によってそう行動せざるを得ない事は瑞山も容認していたようです。
だから実際はもっとキャッキャウフフしてたはずなんだ!
まず土佐勤王党って何した集団なの?ってのがほとんど認知されてないですよね。暗殺とか天誅とか~、あと天誅とかしてた所でしょ?みたいな感じに見られてるんじゃないかなぁw
要は朝廷復権運動をやってたわけですよね。
今後は土佐勤王党がどういう集団か、とか、歴史上どのような役割を果たしたのか、というような所がもっと明確に語られるようになるといいですね。あと今まで注目されなかった党員の働きも。
あと余談になりますが、豊田氏は慎太郎は武市道場では剣術より政治討論の方に熱を入れてたとか、酒が入ると討論に熱くなりすぎて後日桂小五郎にゴメンナサイしてる手紙が残ってるというお話もされてましたw

そして知人がチケット(三枚綴りのやつ)くれたので、ちょっと前にやっと幕末志士社中に行ってきました。
syacyu01.jpg
龍馬の格好で写真撮影もしてきましたよ(笑)とてもここには掲載できませんがドヤ顔で写って御満悦ですね~私。コスプレっぽいの好き
龍馬伝で実際に大森南朋や佐藤健が着用した衣装も見てきましたが、他の大河ドラマのペラペラな衣装に比べるとしっかりした作りでした。龍馬の生家再現セットもそうですが、凄くお金と手間が掛かった豪華なドラマでしたよね。大河ドラマ自体は一話で龍馬が説教始めた時点でほぼ視聴止めちゃったんだけどw
ちょっと話題の土佐おもてなし勤王党にも会ってきました。武市役の人スゴい人当たりが良くて爽やかな男前でしたね~。皆さんメイクしてるので、一緒に行った友達が「ビバリとルイのビバリみたい」とか言ってたけど、ビバリより男前だったよwステージは友達が一時間遅刻したせいで見損ねちゃった…w終わる前に一度くらい見ておきたかったかな?

ところで今、京都の霊山歴史館 で秋冬の特別展「龍馬と土佐の衝撃~土佐勤王党結成から百五十年~」がやってるそうですね。京都市美術館でやってるワシントン・ナショナル・ギャラリー展がかなり気になっていたので、ついでに行きたかったのですが断念。まあプロモ見る限り展示はほぼ高知で見たやつばかりだしね。
ただ展示される武市瑞山のブロンズ坐像を制作した彫刻家の江里敏明氏のコメント、「幕末に200人近い仲間を率いた半平太の優しさと包容力、芯の強さが伝われば嬉しい」が意外でした。
創作のイメージで冷たい人物と捉えられがちな瑞山がこのように評価されて嬉しく思います。
そうそう!そうなんですよ~、史料見る限り基本的に武市さんて穏やかで親切な人だったんだよね!とそこは強調しておきたいw

イベントはさておき、土佐勤王党への注目度が上がったのは喜ばしい事だと思います。龍馬以外の幕末土佐史研究がもっと進むといいなあ。来年以降もこのブーム?が続いてくれると嬉しいのですが。どうかな、無理かな…。
スポンサーサイト
プロフィール

azoto

Author:azoto
土佐藩についての話題が多め。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
にほんブログ村Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。