FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近藤勇と武市瑞山の漢詩

平成二十三年十一月十七日付の高知新聞に、武市瑞山に心酔していた牢番が、獄中で瑞山に頼んで書いて貰ったという漢詩を軸装したものが見つかったという記事が載りました。
ただ当時新聞に載った解説が、詩の内容の解説としては不適当ではないかと思ってたところ、やはり講演でも新聞の解説はおかしいと学芸員の方が同様の意見を述べられていました。今回は『土佐史談252号』で竹本義明氏が武市瑞山・近藤勇の漢詩発見の新聞報道に疑問を呈した記事を書かれていたので取り上げてみます。

梦上洛陽謀故人
終衝巨奸氣逾振
覺來浸汗恨無限
只聽隣鷄報早晨
  梦覺而得一絶  瑞山

【大意】
夢で上京し、同志と謀って、ついに巨悪を倒し、気はますます奮い立つ。
目が覚めると、ぐっしょり汗に濡れ、無限の恨み。
ただ隣家の鶏が早朝を告げる声を聞くばかり。
夢から覚めて絶句一首を作った。 瑞山

瑞山の詩の方はこういう内容でした。
新聞では松岡司氏が、「山内容堂を恨む半平太の心情がストレートに表れた貴重な資料」、「土佐勤王党を弾圧した元藩主・山内容堂ら藩体制への強い怨恨が込められている」などと評したと書かれていましたが、松岡氏は実際になんと解説したんでしょうか?気になるところです。
この詩はそういう内容ではないようなんですね。
まず、第一句「上京して故人(友人)と計画して、巨奸を倒す」夢を見た、この「巨奸」とは尊王攘夷派の瑞山らの政敵・公武合体派の公家や幕府関係者や思想家を指すのだと思われます。
次に容堂&土佐藩庁への恨みというのも、「挙藩勤王(一藩勤王)」の旗印のもと京都に上り、薩長らとともに天皇を守護し奉るという瑞山の理想に反するとともに、主君に対する反逆罪で即刻処刑されてもしかたのない態度である、また主君に対する怨恨を込めた漢詩を書いて牢番に渡すというのもおかしな話で、政敵に知られれば土佐勤王党を断罪する格好の口実になる筈なのに、そんな事を書く筈がないというのが竹本氏の意見でした。
この書軸は牢番の縁者の子孫の方が戦時中も代々大事にしておられたものだそうです。

また平成二十三年十月五日付「毎日新聞」等で、近藤勇の直筆の掛け軸が見つかったと報じられていましたが、こちらの報道内容にも竹本氏は疑問を呈しておられました。

只應晦迹寓牆東
喋喋河随世俗同
果識英雄心上事
不英雄處是英雄
有感作 剣客士 近藤書

【大意】
(乱世から逃げたりせず、王君公のように)ただ世間から身を隠して城壁の東で暮らすべきだ。どうして、世間の人と調子を合わせてぺちゃくちゃ喋って生きるものか。
私はついに分かったよ、英雄の思いが。英雄らしくないことが、実は英雄なんだ。
感じる事があって作る。 剣客士 近藤書

こちらも霊山歴史館の木村幸比古氏が「漢学者の頼山陽の書を好み、まねをしていた近藤の筆跡に間違いない。憧れの武士となって意気揚々としていた当時の近藤の様子が伝わってくる」と話しているという記事でしたが、竹本氏はこの詩に「憧れの武士となって意気揚々」という印象は持たれなかったそうです。実際どういう気分で書かれた詩なのかは私も分かりかねます。
このようなことは漢詩そのものをきちんと解釈せずに発表するという拙速が招いた過ちであると竹本氏は結んでおられました。

漢詩は内容の解釈に結構幅がありますし、取材する記者の人も取材対象に詳しいわけではないので、正確な解説ではない記事が掲載されることもあるというお話でした。
スポンサーサイト
プロフィール

azoto

Author:azoto
土佐藩についての話題が多め。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
にほんブログ村Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。