スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱藩者の心理

今回は脱藩に対する龍馬の気持ちが率直に表れている手紙を紹介します。

文久三年六月十六日 池内蔵太の母あて

坂本龍馬

いさゝか御心をやすめんとて、六月十六日に認候文。       直陰

龍馬よりも申上候。扨、蔵が一件ハ今 朝廷のおぼしめしもつらぬかず、土州を初メ諸藩のとの様がた皆国にかへり、蔵が心中にハ思よふ土州など世の中のあまりむつかしくなき時ハ、土佐のとの様を初、江戸でも京でも唯へら/\と国家をうれへるの、すべつたのとやかましくいゝひろき、当今に至りていよ/\むつかしく相成てハ国本を見つくろふとか、なんとか名をつけにげて行、このごろ将軍さへ江戸へかへり候よふのつがふとなり、実に此神州と申義理も勢もなく、今上様をいづくの地へおくやらさらにがてんゆかず、実にはづべきことなり。此かずならぬ我なりと、何とぞして今上様の御心をやすめたてまつらんとの事、御案内の通り朝廷というものハ国よりも父母よりも大事にせんならんというハきまりものなり。
 御親るいを初メ杉山さんなども、を国を後にし父母を見すて、妻子を見すてするハ大義にあたらずとの御事ならん。それハ/\実当時のヘボクレ役人や、あるいハムチヤクチヤをやぢの我国ヒイキ我家ヒイキにて、男子としての咄にあらず。おまへがたを初、蔵がをくさんたちも長刀などふりくり廻しながら、ヘボクレ義論にどふいしてメソ/\なきだしなどしてハ、実に蔵をはづかしめ候。龍ハ当時ハ病気にてけしてきづかハしき事なけれども、文などしたゝめ候ハ、誠にいやなれども鳥渡御咄申上候。
 此次にハ私があねにも文をやり申候。このごろまことにめづらしき咄しが、たくさんあり申候。弘井岩之助(広井磐之助)のかたきうち○二条殿内の人にて、宮中キウチウにつかハれこれありしむすめ、実に義のあるむすめにて、今でハ身をくがいにしづめこれある事。○龍がある山中にて女が人にすてられてまよいいたるを、金をあたへ老人をもつておくりつかハしたる事など、其外色御咄後より申上候。

龍拝

池蔵尊母

内蔵太とは親しい関係だけあって表現はフレンドリーだけど結構ヒドいこと書いてあるなこの手紙…(笑)この頃の龍馬の諱はまだ「直陰」なんですね。

池内蔵太は天保十二年五月生まれ、土佐郡小高坂村出身の人。
『維新土佐勤王史』では「池は方面にして豊願、眼光人を射て、心気豪快なり、幼より読書に耽り、亦剣を日根野弁治に学ぶ」と紹介されています。
池内蔵太は土佐勤王党の立ち上げにも関わっている人物でしたが、長州での外国船砲撃や、吉村虎太郎らとの天誅組の乱に加わったため、山内容堂に土佐勤王党血盟書提出の際に名前が削られたものか、現存する血盟者名簿写しからは名前が消されているようです。というか脱藩後の経歴が長州→天誅組→禁門の変→亀山社中と土佐勤王党出身者の中でも特にあっちこっちのグループに参加してる人ですねw
文久三年五月に脱藩し、これはその際、土佐の池内蔵太の家族に宛てて龍馬が送った手紙。
“何とぞして今上様の御心をやすめたてまつらんとの事、御案内の通り朝廷というものハ国よりも父母よりも大事にせんならんというハきまりものなり”と龍馬の尊皇観が伺える資料として割とよく引用されてるのを見かけますね。また龍馬の土佐の“との様”容堂に対する不信や藩論に対する不満なども伺えます。志士の考えは時勢に応じて刻々と変化して行きますが、当時の情勢を切り取った面白い手紙ですね。

なお、妻子や母親など残された内蔵太の家族は脱藩の咎で屋敷を追われた後、家督断絶の処分を受けたのでした。
脱藩の処分にかなり個人差があるのが気になっていましたが、同じく処分の厳しかった田中光顕の家同様、藩命の職務を放棄して脱藩するとより厳しい処分になる傾向があるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

azoto

Author:azoto
土佐藩についての話題が多め。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
にほんブログ村Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。