スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬は人を斬った事があるか?

ryoma01.jpg

企画展「野根山二十三士ゆかりの北川家資料展」を見るため、高知県立坂本龍馬記念館に行ってきました。
天気も良くてロケーション最高!
高知の冬はぬくい!

ところで龍馬記念館の公式HPでは「龍馬は人を斬った事があるか?」という質問にイエスと答えてるんだから、展示解説に「龍馬は人を斬った記録がない志士です」という司馬遼太郎氏が語っていた様な逸話を載せてるのは訂正した方がいいんじゃないかな(笑)
ちなみにリンク先に挙げられている、元海援隊士による『関義臣懐旧談』では、龍馬についてこう語られていますね。

其の部下を御すること、頗る厳正で、同志中に、人の妻を犯したものがあれば、必ず割腹させる。水夫頭の三吉なるものが、暴行を働いた時など、彼れは直ちに斬って捨てた。


あとリンク先には書かれていませんが、『海舟日記』文久三年二月五日の記事には

龍馬、近藤、新宮、岡田、黒木等御船に来る。云、岡田星之助悪意有之間、撃つへき之義決せり、若御船出帆之機に遅れなば、陸行すべしと云。

と、龍馬、近藤長次郎、新宮馬之助、岡田以蔵?(これは異説あり)、そして因幡鳥取藩士の黒木小太郎らが、同じく因幡鳥取藩士・岡田星之助を暗殺するため、海舟に「出航に間に合わなかったら置いて行ってくれ」と言いに来たという記録が残っていますねー。
何かトラブルがあったんでしょうか。
結局この岡田星之助という人は土佐藩士に暗殺されたという記録になっているようです。
この様に、龍馬も他の尊攘派志士と同じく人を斬った記録もあれば暗殺に参加した記録もあるんですね。

個人的には『氷川清話』の「坂本龍馬。あれは、おれを殺しに来た奴だが~」という龍馬と海舟、出会いのエピソードも全くあり得ない話ではないと思っています。その理由はまた今度。

さて北川家資料展です。
山内容堂、池内大学、岡本寧浦、河田小龍、勝海舟、西郷隆盛など錚々たる顔ぶれの書が揃ってました。佐々木高行の名刺とかもあるw
どういう経緯で北川家が所有していたものなんだろう?
維新後やけっぱちになった容堂さんがお宝放出大サービスしてる時に貰ったのかなあ。

そういえば容堂の印象的な漢詩が展示されていました。

吾本海南人 負性極狂愚
曽被州人罵 決然去枌楡
閑遊幾裘葛 酔余且誦書
所学是何道 所師果誰歟
孔孟説堯舜 当時笑為迂
群譏儻介意 生涯欲何如


「私はもともと海南の人であった。
狂愚な性分であると自負している。
かつて土佐の人間に罵られ、決然と故郷を去った……。」
こういう内容の詩ですかね。
やっぱころころ立場を変えたために良く見られなかったのでしょうか?
罵られたというのが誰からどういう事を言われたのか具体的には分からないのですが、気になる内容ですね。

展示物の中には、中岡慎太郎の「小人か君子かは人の心の中にある」という名フレーズで知られる新井(にい)竹次郎宛ての手紙も。
本人資料としては「新井竹次郎書画集」が展示されてました。
当時の座敷を往来する時の心得などが書かれていて面白いですね。

連れて来てくれた友人の都合で駆け足で見ることになってしまいました…。
いくらでも本で読める地下の龍馬の書簡の展示じゃなく、北川家資料の方からじっくり見ればよかった。アンケート用紙も貰ったけど書かずじまいでした。色々書きたい事があったのになー。
新史料が発見されても文献にまとめてくれないとアマチュア・ファンは眺めて終わりなので、何らかの形で活字化して資料として使える状態にして欲しいというのが私の切なる願いです…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

azoto

Author:azoto
土佐藩についての話題が多め。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
にほんブログ村Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。